失敗一覧

ブレグジットで損した体験談

少しですがFXでやってしまった失敗を書きたいと思います。

ここ最近はドル円が乱高下することが多いですね。

私が一番大きい損失を出した時もそういった乱高下をした際にロスカットできなかったことが原因です。

投資は適切な自力のロスカットが重要であることを私の失敗談から学んでほしいと思います。

それほど額が多いわけではないのですが一番印象に残った失敗です。

それは2016年の6月24日に起こりました。

英国のEU離脱の国民投票の開票があった日です。

私はどうせEU離脱なんて大それた事をするわけがなく、英国の国民のガス抜きのような茶番で開票が始まったら円安に振れるだろうと思い、ロングポジションで4ロット(おおよそ16万円分)持っていました。

ですが少しずつ旗色が悪くなってきて円高方向に振れてきて少しまずいかなという予感がしましたが、まだまだ大丈夫だと自分に言い聞かせてそのポジションを維持し続けました。

このときにロスカットをおこなえば微々たる損失で済んだのですが感情的にマイナスの状態でドルを売りたくなかったのです。

本番はこの後、結果が出たときにいきなりきました。

その時、私はずっとチャートを見ていたのですがいきなり円高方向に振れました。

ニュースをまったく見ていなかったので国民投票の結果が出たとは知らずにどんどん円高になっていくチャートを唖然として見ていることしか出来ませんでした。

強制ロスカットは証拠金維持率が50パーセントを切ると執行されますが、強制ロスカットの売買までは当然ながらタイムラグがあります。

私はロスカットされるまで30秒程度だったと思いますが何も出来ませんでした。

タイムラグがあった分、証拠金維持率が50パーセントを切ってもロスカットの売買が執行されずに資産がかなり目減りしてしまい、結局12万円の損失となりました。

ファンダメンタルは水物と言いますが、このときに学んだことは世界情勢で確実なものはないということと、自力ロスカットの大切さです。

その後追い金をして地道に増やしてはいますが、損切りの設定だけはしっかり入れるようになりました。

ある程度機械的にやらなければ感情が入って失敗してしまうからです。

失敗は母といいますが、私にとってはその失敗がなければその後も損切りをせずに更なる痛手を被っていたと思います。

何100万円も損をしてしまったという体験談ではないのですが、この体験談が少しでも皆様の糧になればいいなと思います。


サブプライムローン問題でFXで損した話。

友人にすすめられFXを始めた結果。いきなり暴落であわや破産の危機に・・・。

あれは2008年ころでした。ギャンブルや投資とはまったく無縁であった私。

でしたが、たまたま職場の先輩からFXというもので儲かっていると聞き、興味がわいてきました。

ねずみ講なのか?何かのギャンブルなのかを調べた結果しっかりとした投資ということで、それじゃあやってみよう!

ということで参入しました。

ひとまず大手の取引所みたいなところに登録をし、そのときにあったなけなしの10万円をおそるおそる入金。

無事に反映されたことでさらに安心感がありました。

もちろん、専門的なことは一切わからないためドル円や豪ドル円など、比較的安全そうな通貨に手を出した結果、なんと最初の数か月は数万ほどの儲けがでていました。

ビギナーズラックというものでしょうか。

これに気を良くして、数か月後にはポンド円という値動きがすさまじい通貨に手を出してしまったのです。

まさにこれが悪夢の始まりとは当時知る由もありませんでした。

少し儲かっていたお金をつぎ込み、さらには、自己資金を追加して運用をするようになっていました。

やはり、ポンド円は値動きがすさまじく、一気に赤字になりました。

さらに、忘れもしないあの事件。サブプライムローン。

アメリカの低所得層向けのローンの不良債権が発覚し、すべての通貨がナイアガラ状態になりました。

チャートをみていると、まるでジェットコースターが急降下するかのように下がり、わずか数時間で資産が0円になりました。

なぜここまでに至ってしまったかといいますと、2008年当時はまだスマホ全盛期でもありませんし、パソコンで売買する時代でした。

さらにそれが深夜という時間帯だったということもあり、サーバーがパンクしてしまったのです。

就寝する直前ではあったのですぐに気づいたのですが、ログインは可能でしたが、売買は全くできない状態でした。

クリックしても応答なし。チャートは下落していく一方。

もはや朝起きて状況を確認するしかないと思い、なんとか就寝し、朝さっそくログインすると、かろうじてマイナスにはなっていないところで売買することができました。

この深夜に手じまうことができていれば、破産寸前まで行かずに済んだものの、運営会社にクレームをいっても全くの無駄でした。

この赤字を取り戻すチャンスを長い間待っておりましたが、新しくできたバイナリーオプションですらも手をだすことができません。

いまはまだコツコツと資金を溜めているところです。