ブレグジット一覧

ブレグジットで損した体験談

少しですがFXでやってしまった失敗を書きたいと思います。

ここ最近はドル円が乱高下することが多いですね。

私が一番大きい損失を出した時もそういった乱高下をした際にロスカットできなかったことが原因です。

投資は適切な自力のロスカットが重要であることを私の失敗談から学んでほしいと思います。

それほど額が多いわけではないのですが一番印象に残った失敗です。

それは2016年の6月24日に起こりました。

英国のEU離脱の国民投票の開票があった日です。

私はどうせEU離脱なんて大それた事をするわけがなく、英国の国民のガス抜きのような茶番で開票が始まったら円安に振れるだろうと思い、ロングポジションで4ロット(おおよそ16万円分)持っていました。

ですが少しずつ旗色が悪くなってきて円高方向に振れてきて少しまずいかなという予感がしましたが、まだまだ大丈夫だと自分に言い聞かせてそのポジションを維持し続けました。

このときにロスカットをおこなえば微々たる損失で済んだのですが感情的にマイナスの状態でドルを売りたくなかったのです。

本番はこの後、結果が出たときにいきなりきました。

その時、私はずっとチャートを見ていたのですがいきなり円高方向に振れました。

ニュースをまったく見ていなかったので国民投票の結果が出たとは知らずにどんどん円高になっていくチャートを唖然として見ていることしか出来ませんでした。

強制ロスカットは証拠金維持率が50パーセントを切ると執行されますが、強制ロスカットの売買までは当然ながらタイムラグがあります。

私はロスカットされるまで30秒程度だったと思いますが何も出来ませんでした。

タイムラグがあった分、証拠金維持率が50パーセントを切ってもロスカットの売買が執行されずに資産がかなり目減りしてしまい、結局12万円の損失となりました。

ファンダメンタルは水物と言いますが、このときに学んだことは世界情勢で確実なものはないということと、自力ロスカットの大切さです。

その後追い金をして地道に増やしてはいますが、損切りの設定だけはしっかり入れるようになりました。

ある程度機械的にやらなければ感情が入って失敗してしまうからです。

失敗は母といいますが、私にとってはその失敗がなければその後も損切りをせずに更なる痛手を被っていたと思います。

何100万円も損をしてしまったという体験談ではないのですが、この体験談が少しでも皆様の糧になればいいなと思います。